花粉症の治療薬

花粉症なので、目は痒くなる女性

花粉の時期になると目のかゆみや鼻水、くしゃみなどの症状に悩まされている人も多くいるでしょう。
花粉症にはどのような治療薬が使われているのでしょう。

花粉症の治療薬の種類には、大きく分けると3つあります。
一つ目は、花粉症全般の症状に効果的な飲み薬です。
二つ目は、目のかゆみや充血などに効果的な点眼薬です。
三つ目は、鼻水や鼻づまりに効果がある点鼻薬です。
これらは、現れている症状に応じて病院で処方されます。

基本的には、抗ヒスタミン薬と呼ばれる飲み薬で治療を行います。
これは、アレルギーの原因である花粉が体内に入るとヒスタミンやロイコトリエンなどの物質が分泌されます。
このヒスタミンが神経を刺激することで、くしゃみや鼻水などの不快な症状が現れます。
このヒスタミンの働きを抑えるのが、抗ヒスタミン薬で花粉症の症状を抑えてくれる効果があるのです。

具体的に抗ヒスタミン薬には第一世代と第二世代があります。
大きく異なる点は第一世代は効果がすぐ現れるのに対して、第二世代は効果が現れるのに時間がかかってしまいます。
また、第一世代が副作用の眠気が強くて第二世代のほうが眠気が弱いのも特徴です。
現在では副作用が少ない第二世代の抗ヒスタミン薬が主流で、代表的な治療薬を挙げるとアレグラやザイザル、アレロックなどがあります。
特にザイザルという薬は効き目と副作用のバランスに優れた治療薬として知られており、高い人気を誇っています。
個人輸入通販を利用することで病院を介さず買うこともできます。
まとめ買いもできるため、ザイザルの入手は通販の利用がオススメです。

また、鼻の粘膜でヒスタミンやロイコトリエンなどの分泌液を抑える遊離抑制薬も治療薬として使用されています。
この薬は、軽い症状の時に使用されることが多いです。

飲み薬のほか、目のかゆみがあるときは、点眼薬である目薬が使われます。
これは、目に局所的に使用するため効果が発揮されます。
鼻水や鼻づまりには、点鼻薬が使用されます。
鼻の中に直接スプレーすることで、炎症を抑え鼻水や鼻づまりを抑えてくれます。
飲み薬や点眼薬、点鼻薬は症状に合わせて、いくつか組み合わせて使うことも多いです。

最近の治療では、舌下免疫療法と呼ばれる舌の下にスギ花粉を垂らして治療する薬も使用されています。
2014年に発売された新しい治療法のため、行っている医療機関もまだ少なく、理解度が低いこともあります。
このように花粉症の治療には、その人に応じた治療を行うことが大切なのです。