• ホーム
  • 花粉症と風邪の症状の違い

花粉症と風邪の症状の違い

薬を飲む女性

くしゃみ、鼻水、鼻詰まりなど、花粉症の症状は風邪に似ています。
このような症状が出ると、風邪をひいたのか、花粉のせいなのか分からず、対策が遅れがちです。
風邪なのに花粉対策ばかりをしたり、花粉による症状なのに風邪薬を飲んだりしても、症状を効果的に抑えることができません。
花粉症と風邪の症状の違いを覚えておくと、対策もしやすくなります。

一番分かりやすいのは、目のかゆみを伴うかどうかです。
鼻水や鼻詰まりはどちらでも起きる症状ですが、目のかゆみは風邪ではほとんど起こりません。
鼻水や鼻詰まりの症状と同時に目のかゆみが出たら、花粉症を疑ったほうが良さそうです。
次に咳が出るかどうかです。
花粉症で咳が出ることは少ないですが、風邪ではよく出ます。
咳が出ない風邪もありますのでこれだけで判断することはできませんが、ほかの症状と併せると1つの判断材料になります。

次は熱と頭痛です。
どちらも花粉によるアレルギーでも起こりますし、風邪のウイルスによっても起こります。
しかし、花粉によるアレルギーの場合、微熱が続くことはあっても高熱になることはありません。
高熱が出た時は風邪の可能性が高いでしょう。
頭痛も風邪の可能性が高いですが、鼻詰まりの症状が続くと酸素不足によって頭痛が起きることもあります。
高熱や咳と同時に頭痛がある場合は風邪の可能性が高いですが、そういった症状がなく、鼻水、鼻詰まりが続いた後の頭痛だけであれば花粉症の可能性が大です。

鼻水は見分けがつきにくいですが、花粉症による鼻水は無色透明でサラッとしているのに対し、風邪の鼻水は黄色く濁っていることがあり、粘り気があります。
このように1つの症状では見分けることが難しいですが、いくかの症状を詳しく見ていくと、風邪か花粉症か分かるはずです。

サイト内検索