多様な薬と瓶

これから暖かくなるにつれ、多くの人たちを困らせるのが花粉です。
特に春先になると、風の影響を受け大量の花粉が飛散するため、スギなどの木本植物による花粉症を発生する人が増えてきます。

そんな花粉症のメカニズムは、まず花粉というアレルゲン物質が体内に侵入すると、それを排除する働きが起こります。
その際に私たちの体内ではIgE抗体と呼ばれる抗体が作られ、このアレルゲン物質に対する排除の働きをします。
このIgE抗体は人によって作られやすい体質が生まれつき決まっており、こうしたIgE抗体の作られやすい体質をアレルギー体質と言います。

また、このIgE抗体はアレルギーの原因となるアレルゲン物質との接触を繰り返していくうちに肥満細胞の表面に蓄積され、その蓄積された量が一定量を超える事でアレルギーを引き起こします。
その際に、体内ではアレルゲン物質に対抗するためにヒスタミンやロイコトリエンなどの化学伝達物質が放出されます。
そして、この放出された物質によって、くしゃみや目のかゆみ、鼻水、鼻づまりなどの花粉症の症状を起こします。

ヒスタミンの場合は主に目や鼻の粘膜の表面にある視覚神経を刺激する事からくしゃみや鼻水、目のかゆみを引き起こします。
そして、ロイコトリエンは血管に働きかけ、血管を拡張させる事によって粘膜を腫らすため、目の腫れや充血、鼻づまりの症状を引き起こすのです。
そのため、こうした科学伝達物質の出方や量によって現れる症状に差があるため、花粉症と一言で言っても現れる症状は人それぞれ異なります。

また、今まで花粉症になった事の無い人でも、体内のIgE抗体が一定量を超えた事により花粉症の症状を引き起こすため、これまで花粉に悩まされていなかった人でも花粉症に掛かるリスクは十分にあると言えます。

記事一覧

花粉症というのは、特定の花粉に対してアレルギーがある状態を指します。 しかし花粉のみにとどまらず、そ...

花粉の時期になると目のかゆみや鼻水、くしゃみなどの症状に悩まされている人も多くいるでしょう。 花粉症...

くしゃみ、鼻水、鼻詰まりなど、花粉症の症状は風邪に似ています。 このような症状が出ると、風邪をひいた...

サイト内検索